choku-教科書を読む。

1ページ解説

『トースト絵画』大竹伸朗『見えない音、聴こえない絵』より

まとめ ピカソの絵や一枚のトーストが芸術であるかどうかではなく,人それぞれが何を芸術と捉えるかという核心にたどり着く。 単なるテストトーンを聞いて深く感激してしまったジャーナリストのように,「内側で何かが起きてしまった」ことが重要な基準なの…

『自然を守るということ』森岡正博『環境倫理学』より

まとめ 自然のために自然を守るとは,人間の利益とは無関係に尊い自然を守るということだ。しかし,守られるべき自然は,恣意的な価値判断によって選択されている。 人間のために自然を守るとは,人間の利益になるように自然をコントロールすることだ。利益…

『リスク社会とその希望』大澤真幸『不可能性の時代』より

まとめ リスクの例として挙げられるのは,地球温暖化や都市近郊でのテロなど。もたらす損害は計り知れないほど大きいが,起こる確率は極めて小さい。 リスクを回避するときに,中庸の選択は無意味となる。民主主義は,多数の意見を中庸として採用するので,…

『ことばへの問い』熊野純彦

この文章は廣松渉著『もの・こと・ことば』に「解説」として収められている。 まとめ ことばで自然を表し尽くすことなどできない。ことばが存在しない世界でも,葉のみずみずしさや森の沈黙は存在するのか。いや存在しない。さまざまな自然の音は人間に対し…

『ふわふわ』鷲田清一『「ぐずぐず」の理由』より

まとめ 「ふわふわ」は,重力からの解放であると同時に,着地していない不安でもある。 現代人は,「ふわふわ」というよりも,「浮いている」「流されている」という感じだ。自分がここにいる理由が見つからない。自由な意思があるようで選ばされている。 い…

『絵画の二十世紀』前田英樹より

まとめ 鏡に映る自分の顔が,本当の自分だと信じたいが,現実は違う。残酷だが,写真に写る自分が本当の自分なのだ。 写真が登場する以前,絵画は,人の目に映り,写真には写らない景色を絵にしてきた。今,絵画に求められるものは,写真に写る現実ではなく…

『デジタルネイチャー』落合陽一 400文字要約と書評

要約 落合陽一はテクノロジーによって,近代の超克を図る。情報を圧縮することなく,〈現象 to 現象〉で滞りなく進行する世界を見据えている。十分に発達した科学技術は,人々の無意識化で実装され,自然がつくる生態系と見分けがつかない。 テクノロジーと…

自分の中に毒を持て

岡本太郎 感想 「一瞬一瞬に命をかけて生きろ。人生に命をかけていないから傍観者になるんだ。」強い言葉だ。周りからの評価などは全く気にせずに,ただひたすら自分と闘う。怖ければ怖いほど逆にそこに飛び込む。人間らしく生きる道のヒントが隠されている…

夏目漱石 夢十夜 第三夜の解釈

現代文の授業で取り上げられた、 夏目漱石の『夢十夜』第三夜。 解釈が面白かったので紹介します。 夢十夜とは 話の流れ 解釈 田んぼと森の対比その一、現在と過去。 田んぼは文明化の象徴 文明化について 分かれ道=文明開化 「右」が示すもの 田んぼと森の…