choku-教科書を読む。

1ページ解説

『異時代人の目』若桑みどり『レット・イット・ビー』より

まとめ

歴史の転換点,特に価値体系が大きく変わるような転換点のときには,歴史が整理されやすい。

記録として残るものはあっても「真実」は残されていかない。一方で芸術は,多義的であるが故に,内面の真実が包み隠されている。

生前評価されなかった芸術が現代では評価されるように,時が真実を明らかにする。本当にそうだろうか。時間の流れはすべてのものをゆっくりと滅ぼすだけだ。

大きな価値の転換が,歴史を整理させ,真理を明らかにさせる。それは神によってなされるのではなく,人間の手によってなされる。

過去を整理し,正しい布置の中にそれを置くことは,未来への布石の一つだ。

読後感

歴史に向き合う。文脈に向き合う。未来人のことを思い,過去を整理する。