choku-教科書を読む。

1ページ解説

『陰翳礼讃』谷崎潤一郎「谷崎潤一郎全集」より

まとめ

漆器は闇の中においてこそ魅力を帯びる。豪華絢爛な模様も,暗い場所で少しずつ底光りするようにできている。

蝋燭の灯の中で吸い物椀を手にとる。吸い物椀を前にして,これから食べる物の味わいに想いをひそめる時,忘我の境地にひき入れられる。日本の料理は瞑想的だ。

われわれの料理は陰翳を基調とし,闇と切っても切れない関係にある。

 

読後感

鑑賞物だけでなく,鑑賞する場の設計まで考えられている東洋的な精神。目では見えないものの知覚。

 

語彙

  • 瞑想…視覚を閉ざして思いを巡らせること。
  • 余剰を催す
  • 雅味
  • よんどころなく
  • 三昧境