choku-教科書を読む。

ざっくりと解説

『情報の彫刻』原研哉『デザインのデザイン』より

まとめ

電子メディアが生まれた今,書籍の役割とは何か。メディアの主役を降りた紙は,再び本来の,適度な重さ・手触りを持つ「物質」として魅力的になったのではないか。

情報を右から左へと移すのではなく,情報を慈しむという魅力が書籍にはある。

電子メディアの台頭のおかげで紙は本来の魅力をもつことができた。情報に触れるメディアとして書籍を選ぶということは,その物性が生かされるのかという評価にさらされることになるだろう。電子メディアと書籍は並列にそれぞれの道を深め合う。

 

読後感

それぞれの情報に適したメディアが追求されていくのだろうか。伝達速度・正確さ・信頼性・保存性・見やすさ・・・はメディアによって違ってくる。一方で,メディアに対して無意識的になってきているのも事実だ。情報から情報へ,ほとんどメディアを介さずに伝達されている気がする。その上で,紙という「情報の彫刻」はどのように機能するだろうか。