choku-教科書を読む。

1ページ解説

『ことばへの問い』熊野純彦

この文章は廣松渉著『もの・こと・ことば』に「解説」として収められている。

まとめ

ことばで自然を表し尽くすことなどできない。ことばが存在しない世界でも,葉のみずみずしさや森の沈黙は存在するのか。いや存在しない。さまざまな自然の音は人間に対して現れているはずだ。

言語にならない思い,ことばに映しとりがたい感情といったものは,ことばの後に生まれてくる。

言語が境界を設定した時,「ことばにならない」とされるものが生まれる。言語が明確にするもの,明確にせず残るもの。言語こそがいっさいの可能性を準備する。

 

読後感

言語が生まれる前の世界は混沌だ。混沌は全てをはらんでいるわけではないということ。全てをはらむ可能性を与えるのが言語だということ。

 

語彙

  • 分節化…言語の分析の際に,意味や音で分割すること。